ネット予約 電話番号
Org

HOMEブログページ ≫ 歯周病治療がウイルス感染予防に役立つわけ ≫

歯周病治療がウイルス感染予防に役立つわけ

新型コロナウイルス感染が拡大しております。
鶴見大学歯学部臨床教授 医学博士 武内博朗 氏より新型コロナウイルスと歯周病や口腔機能低下との関係についてレポートが出されました。
専門的な内容ですが情報提供いたします。
歯周病治療と口腔機能の強化でこの困難な状況を乗り越えるお手伝いをしたいと考えております。
何かお聞きしたいことがあれば遠慮なく当院スタッフに質問してください。

咀嚼機能が低い状態(100mg/dl 以下)が長期間続くと、糖質偏重食が常態化してしまい、
タンパク質が摂取できずに低栄養が進行し、血中アルブミン値が低下(3.5g/dl 以下)し、
著しい免疫力低下を招くことになります。また糖尿病悪化のリスクを高めることにもつな
がります6,7)。歯科医療提供の機能が停止するようなこととなれば、公衆衛生学的スケー
ルで低栄養を招きかねず、COVID-19 感染症の疾病重症化につながる恐れがあり、死亡率が
上昇するリスクが高まると考えられます。
急性感染症と栄養の関係は決して疎遠ではなく、たとえ新型コロナウイルスに感染した
としても重症化しない身体維持が医療崩壊を防ぎ、国民の公衆衛生向上につながるものと
考えます。
一般にウイルスの感染成立はウイルスの入る量と、体の免疫力のバランスによって感染が
成立し発症するか、自然治癒するかが決まります。体に入るウイルスの量を減らすために
も、日頃からの手洗い・うがい、体力(免疫力)の増強が必要です
コロナkorona対策
2020年04月08日 20:37

戸田ひだまり歯科

所在地
埼玉県戸田市新曽南1-11-19
電話番号
048-290-8705
診療時間
午前 10:00~13:00 , 午後 14:30~19:00
休診日
火曜、日曜(隔週)、火曜の祝日

モバイルサイト

戸田ひだまり歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら